がんの治療と免疫療法についての話です

がんの治療と免疫療法についての話です

私は、2回目のがんになっています。1度目は子宮体がんになります。がん治療のために子宮と卵巣の摘出手術をおこなったのです。
信頼できるがん治療をお探しならこちら!
抗がん剤は体に悪いと判断してしなかったのです。再発を予防するために免疫治療を考えたのです。がんをころすナチュラルキラー細胞を体から出して、点滴で体にいれる療法なども検討した記憶があります。
こちらから免疫治療について知ることが出来ます。
しかし、お金がなかったので、「冷えとり健康法」を試みたのです。絹などの靴下を重ね履きして、朝日をあびるとか、半身浴などの体をあたためる方法です。
気になる方は免疫細胞←こちらをクリック!
しかし、がんの治療の1年目に、左腕に腫瘍ができて、6年後のいま手術をおこなうことになった流れになります。しかし、生命には100%危険がないと医師が話をしているのです。残念ながら、私はがん体質ということは間違いないと考えています。
話題のがん治療 先進医療についてわかります。
しかし「細胞がおとなしい」特徴があると医師の話です。簡単にいうと、がんがあっても他の臓器にとぶ元気がないですから、生命が消えることがない流れできています。「がん治療」は、医師と相談して納得してうけることが大切です。
知りたいがん治療 免疫細胞療法についてはこちら!
しかし、自分の信じた療法をおこなうことは本当に、体がよい方向にいくために、私が生きていると考えております。